朝 足がつる 病気

朝足がつる病気について

スポンサーリンク

朝方、まだ寝ている際に足がつるという事は多くの人が経験したことのある症状です。
原因は色々なケースがありますが、多くの場合は筋肉の疲労によって神経系統の連携がうまくいかなくなった際に生じるか、水分不足、カルシウムやマグネシウムなどの電解質のバランスが崩れているなどの理由を抱えながら睡眠をとることによって筋肉が冷えることによる血行不良などが一般的です。
そのような場合は水分やバランスの良い食事の摂取、マッサージやストレッチなどで筋肉をほぐしたり、血行を良くすることで足がつりやすい状況を改善することができます。
しかし、頻繁に朝方足がつる症状が続く場合には、病気に伴う症状である可能性を検討することも必要です。

スポンサーリンク

寝ている朝方に足がつる症状を頻発させる病気としては、脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアの症状の一つである可能性や、肝機能の低下、糖尿病、更には脳梗塞や脳腫瘍といった脳の病気の症状の一つである可能性もあります。
いずれも、それらの病気によって血行が悪くなっているために足がつるというものですので、朝方に寝ているのに足がつるという症状が頻発する場合は、念のために整形外科や内科を受診してみる方が無難です。
また、肥満傾向にある人も朝方に足がつりやすい傾向にあります。
肥満もやはり血行を悪くする原因の一つだからです。
そして肥満による血行の悪化は前途のような病気につながりかねません。
ですので、肥満の人で足をつりやすくなった場合は、危険のサインと考えてダイエットを行うと症状が改善されるケースが多くあります。

スポンサーリンク