足の裏 つる 土踏まず

足の裏、土踏まずがつるのはどうして?

スポンサーリンク

睡眠時や運動中などに突然足がつり、その痛みはものすごく痛くて辛いです。
しかも一度つると何回も繰り返してしまったりして質が悪いです。
足など土踏まずがつる原因は筋肉疲労によるもの、ミネラルなど栄養不足によるもの、水分の不足や病気の初期症状などがあげられます。
主に多い原因は筋肉疲労でスポーツなど運動して疲れが溜まってくると、脳や神経の伝達がうまくいかず筋肉が萎縮して痙攣をを起こしてしまい、この痙攣がつるという症状なのです。
次に多いのがミネラル不足などでダイエットや偏った食事、お酒を飲んだ後や汗を大量にかいた時など、栄養のバランスが崩れ電解質であるミネラルの不足によって起こるのが原因です。
病気が原因の場合にも痙攣が起こることがあり放っておくと大変な目にあうかもしれませんのであわてずに対処しましょう。

スポンサーリンク

足や足の裏、土踏まずをつった時どう対処するのかですが、まずは慌てず落ち着くことです。
強くマッサージをするのは間違いで、楽な体勢と姿勢を探し出し痛みが和らぐ角度を保つことです。
足の筋肉が縮んでいるので深呼吸してゆっくりと痛いところを伸ばすようにしましょう。
そして痛い足の指を痛くない側の手で持って手前に引くようにストレッチをしましょう。
体が硬い人や高齢者の方はタオルなどを足の先に引っ掛けてゆっくり伸ばす方法がお勧めです。
就寝中だった場合はまた同じことが起きる可能性がありますので、膝を立てて寝ることやタオルケットやクッションなどを膝裏にあてて足が伸びないようにするといいでしょう。
体が冷えて足がつる場合があり、こういうときは温かいタオルなどをかけて足を温めるといいです。
何回も足がつったりする場合は病気の場合もありますので、専門の医師に相談することをお勧めします。

スポンサーリンク