足 つる 治らない

足がつって治らないのはなぜ?

スポンサーリンク

足かつることはありますがなかなか痛みが続いて治らないこともあります。
足がつって治らないのは何故なんでしょうか。
それは、つったときに瞬時に対処しなかったこと、対処の仕方を間違えたことによって起こるのです。
足をつったとき、どのように対処したら良いのでしょうか。
つったた箇所を冷やしやり冷湿布を貼ればいいのでしょうか。
それは間違いです。
つるのは、血行不良が原因で起こるのです。
そのため、冷やすことでより血行が悪くなり余計悪化させてしまうことがあるのです。
そのため、冷やすのではなく、温めることが大切なのです。
湿布の場合は、温湿布を使って血液循環を良くすることが大切なのです。
また、強いマッサージも逆効果です。
余計に筋肉を痛めてしまうこともあります。

スポンサーリンク

また、筋肉が緊張した状態が続くと痛みは続くため、すぐに、強いマッサージではなく、優しく筋肉をもみほぐすことも大切です。
痛め筋肉をほぐすことが大切てす。
また、お風呂に入るとき、軽く湯船でマッサージすることも効果的です。
また、歩くのか苦痛なくらい痛みが続いたり、温めても効果がなく痛みがずっと続く場合は、肉離れや筋肉断裂を起こしている可能性もあるため、そのままにしておかず整形外科に受診することが大切です。
そのままにしておくと、治るものもなかなか治らなくなってしまいます。
また、足がつらないためにも、日頃か、軽くストレッチをしたり、適度な水分補給、ミネラルの摂取などを心がけることで予防することができるのです。

スポンサーリンク