足がつる原因

足がつる原因記事一覧

夜寝ている時に足がつって、目が覚めてしまうという経験を持つ人は多いです。激しい痛みを足に感じて、その後しばらく眠れないこともあります。そこで夜寝ている時に、足がつる原因について説明します。そもそも足がつる症状と言うのは足の筋肉が、強い痛みとともに収縮し痙攣して起こるもので原因には様々なことが考えられます。大きく分けて血行不良と、筋肉の疲労などが挙げられています。血行不良は冷えによるものが原因となる...

スポーツの最中や就寝中などに足がつった経験を持っている人は少なくありませんが、その一方でほとんど経験がないという人もいます。このような個人差が生じるのにはさまざまな要因が考えられますが、食べ物すなわち栄養もその1つに挙げられています。一般に「足がつる」とは足のふくらはぎ付近が突っ張ったような感じになって激しい痛みを感じることをいいますが、この現象は何らかの原因で筋肉をコントロールする神経が異常な緊...

ランニングをしていて、突然として足がつって、走ることが出来なくなることがあります。こうした運動中に足がつることは、よく起こる現象ですが、むしろ日常生活においては、朝に発生することのほうが多いものです。例えば、夜になって就寝し始めたときは何ら異常がないのですが、明け方になって突然足の痛みで飛び起きたというものです。ここで疑問として生じるのが、何ら運動していない時間帯に、なぜ発生するのかです。この疑問...

足がつることは、老若男女どんな年代であっても起こりますので、めずらしい現象ではありません。例えば、若い人がプールの中で水泳をしていて、足がつって泳げなくなるというように、若い人にも発生します。ところが老人の場合には、若い世代の人のように、運動中ばかりではなくて、安静にしている状態でも発生します。例えば、明け方に寝ている時に、何も動いていないのに、突然痛みを覚えたというのが典型的です。では、なぜ老人...

足がつる原因の一つに、お酒やアルコールがあります。それは、足がつるという症状の原因の一つに「脱水症状」に陥ると引き起こされるからです。体から水分が足りなくなると、筋肉が痙攣を起こしやすくなってしまいます。アルコールは脱水症状を引き起こすとされているため、一緒に十分な水分補給が必要になります。しかし、アルコールを十分飲んでいるので水分を飲まない人も多く、この様な症状に陥りやすくなっているのです。また...

例えば苦しい体勢で寝ていたら自然と寝返りを打ちます。これは脳が体勢を戻せと命令しているからです。ですから足のしびれも血行が悪く血がうまく足全体にいきわたらないためにしびれてきてしまうというのも原因のひとつです。授業中いすに座りながら寝ているときもびくっと痙攣するように起きることがありますが、これは脳が足に血がうまくめぐっていないから体勢を戻せと命令しているからです。あぐらを書いているときも同様で片...

睡眠時や運動中などに突然足がつり、その痛みはものすごく痛くて辛いです。しかも一度つると何回も繰り返してしまったりして質が悪いです。足など土踏まずがつる原因は筋肉疲労によるもの、ミネラルなど栄養不足によるもの、水分の不足や病気の初期症状などがあげられます。主に多い原因は筋肉疲労でスポーツなど運動して疲れが溜まってくると、脳や神経の伝達がうまくいかず筋肉が萎縮して痙攣をを起こしてしまい、この痙攣がつる...

足かつることはありますがなかなか痛みが続いて治らないこともあります。足がつって治らないのは何故なんでしょうか。それは、つったときに瞬時に対処しなかったこと、対処の仕方を間違えたことによって起こるのです。足をつったとき、どのように対処したら良いのでしょうか。つったた箇所を冷やしやり冷湿布を貼ればいいのでしょうか。それは間違いです。つるのは、血行不良が原因で起こるのです。そのため、冷やすことでより血行...

寝ている時に急に足がつると、その痛さにびっくりしてしまいますね。でも、その時すぐに対処することで、後に痛みが残ることを防げるのです。ふくらはぎがつった時は、膝を伸ばし、つま先を上に向け、ふくらはぎの筋肉をゆっくりと伸ばしてください。痛みが消えるまではじっとしています。つった筋肉を伸ばしたら、大抵の痛みは取れるのですが、ちゃんと伸ばしていないと、コリが取れずに痛みが残ってしまうのです。筋肉をちゃんと...