足がつる 病気

足がつるのと病気の関係記事一覧

脳梗塞は脳内の毛細血管に血栓がつまり脳細胞に酸素が運ばれずに細胞が壊死してしまう病気です。壊死してしまった細胞は二度と回復することはなく、その細胞がつかさどっている体の機能に麻痺がおこることがあります。この症状が大きな脳内の血管で起きると半身不随などの重篤な症状が発生します。このような状態になる前に血管内の血栓を防止し、前兆が自覚されたなら最善の処置を施さなくてはなりません。脳梗塞の前兆は、足や手...

普段使っていない筋肉を酷使した場合に現れてくるのが、足がつるといった症状です。特に運動不足の方や余り歩かない方の場合には、太もも周辺に症状が出ることも多いのです。太もも内側や裏側は特につりやすい部分で、急激な運動や水分の不足など様々な原因によって症状が現れてきます。このような場合には、ゆっくりと筋肉を伸ばすストレッチが役立ちます。過度な緊張によって収縮している部分の血行をよくして、徐々に柔らかくし...

睡眠中に足がつるといった症状がある場合には、背後に病気が関わっていることもあります。例えば、糖尿病や脳の病気、ヘルニアなどが関係していることが考えられるのです。従って、元々、このような持病を持っている方は特に夜、足がつることが増えてきたら体調のチェックが改めて必要になります。特に病気が関わっていない場合には、筋肉疲労や水分の不足などが原因としては考えられます。特に夏場は、寝ている間にも熱中症などの...

夜中寝ている時に足がつること、誰にでもありますね。そこには何かの病気が隠れているのではないかと心配になることも多々あります。しかしほとんどの場合その原因は、就寝中の血流低下だと言われています。寝ている間には発汗によって体の水分が失われていきます。その上冷えによって血流が悪くなるため、粘度の高い血液が詰まりがちになるのです。その結果、血行不良に陥り足がつるのです。予防のために、就寝前には必ずコップ1...

夜中に寝ている時に急に足がつって痛くて目を覚ますという現象は多くの人が経験しています。一番大きな要因は筋肉の疲労によるものです。若い十代などの学生などは部活での筋肉の酷使による場合がほとんどです。しかし、それ以外でも足がつる原因は様々にあります。まずは、単純に栄養不足によるものです。ナトリウムなどの電解質の不足がそのような筋肉の緊張を引き起こす場合があるのです。水分不足も影響する場合が多いので、運...

足がつったりむくんだりすると、病気なのか疲れなのかわからない時が多いです。どちらの症状も、ごく普通に症状が出て気が付くと治っています。急を要する症状ではなく一時的な時が多いため、病気との関係性もないと感じます。普通に座っていても足の角度から筋肉が引っ張られてつったりもします。睡眠中に突然の痛みで起き上がる時もあります。このように自分でつる症状に納得する時と、なぜこの症状が出るのか納得出来ない時もあ...

朝方、まだ寝ている際に足がつるという事は多くの人が経験したことのある症状です。原因は色々なケースがありますが、多くの場合は筋肉の疲労によって神経系統の連携がうまくいかなくなった際に生じるか、水分不足、カルシウムやマグネシウムなどの電解質のバランスが崩れているなどの理由を抱えながら睡眠をとることによって筋肉が冷えることによる血行不良などが一般的です。そのような場合は水分やバランスの良い食事の摂取、マ...