足 つる 予防 食べ物

足がつるのは食べ物で予防できる?おすすめは?

スポンサーリンク

ふくらはぎやすね、指が急激に突っ張ることを、足がつる、またはこむら返りといいます。
この原因は、運動のし過ぎやその反対の運動不足、冷えや何らかの血行障害等様々ありますが、実は栄養や水分が足りなくなったことで起こる場合があるのです。
中でも、夏に特に注意が必要なのが汗で失われやすいミネラルと水分です。
ミネラルでは、カリウム・カルシウム・マグネシウムが注目されます。
カリウムは筋肉の疲労を分解し筋力を調整する作用があり、カルシウムは筋肉の収縮をつかさどる作用が、マグネシウムには筋肉をやわらげる作用があるのです。
また、水分が失われると血液の流れが悪くなり、つりやすくなると言われています。
これらの他、アミノ酸の一種であるタウリン、ビタミンB1の不足も原因の1つです。

スポンサーリンク

こむら返りの予防として、普段から食べ物で栄養や水分の不足を補うと良いとされています。
カリウムが豊富な食べ物として代表的なのがバナナです。
バナナはカリウムだけでなくビタミン類も豊富なことから、特に推奨されています。
その他には、アーモンドや干しぶどう等にも含まれています。
カルシウムは代表的な牛乳の他、小魚、玄米などに多く含まれています。
マグネシウムは、大豆やごま、アーモンドなどが豊富です。
ビタミンB1はレバーや卵、豚肉、青魚に、アミノ酸の一種であるタウリンは魚介類の含有量が多いとされています。
これらの栄養素はできるだけ食べ物で取るのが良いとされていますが、難しい場合はサプリメントによる摂取も有効です。
なお、水分は特に夏は多めに取りたいものですが、外出から帰宅した際や運動の後にはできればミネラルが補えるスポーツドリンクが良いでしょう。

スポンサーリンク