足がつる 病気 太もも

足がつる病気ってあるの?太ももの部分がつる理由

スポンサーリンク

普段使っていない筋肉を酷使した場合に現れてくるのが、足がつるといった症状です。
特に運動不足の方や余り歩かない方の場合には、太もも周辺に症状が出ることも多いのです。
太もも内側や裏側は特につりやすい部分で、急激な運動や水分の不足など様々な原因によって症状が現れてきます。
このような場合には、ゆっくりと筋肉を伸ばすストレッチが役立ちます。
過度な緊張によって収縮している部分の血行をよくして、徐々に柔らかくしていくことが必要になるのです。
こういった時に無理に患部を動かしてしまうと、痛みがさらに強くなったり症状がその後も断続的に続くことがあるため注意が必要となります。
筋肉をほぐすマッサージを集中して行うことが、早めに症状を抑えるコツとなるのです。

スポンサーリンク

足がつる症状が頻繁に現れる場合には、病気が関わっている可能性もあります。
足に症状が現れる病気として挙げられるのが、例えば糖尿病や肝臓の病気です。
こういった病気に罹患していると、時に太もも部分がつるといった症状が現れてきます。
糖尿病による神経障害や肝臓の疲れによって、筋肉が部分的に収縮してしまうことが考えられるのです。
また、ヘルニアなど整形外科領域の病気がある場合にも、足がつるという症状が見られることがあります。
ヘルニアでは症状が太もも周辺に現れてくることが意外に多く、痛みやしびれなどが広範囲に広がることも少なくないのです。
ですので足がつる症状が現れた時には、体調を振り返ることが必要になります。

スポンサーリンク