足がつる 原因 食べ物

足がつる原因になる食べ物は?

スポンサーリンク

スポーツの最中や就寝中などに足がつった経験を持っている人は少なくありませんが、その一方でほとんど経験がないという人もいます。
このような個人差が生じるのにはさまざまな要因が考えられますが、食べ物すなわち栄養もその1つに挙げられています。
一般に「足がつる」とは足のふくらはぎ付近が突っ張ったような感じになって激しい痛みを感じることをいいますが、この現象は何らかの原因で筋肉をコントロールする神経が異常な緊張状態となり、筋肉が収縮したまま弛緩しなくなってしまうことで起こります。
なぜこのような現象が発生するかについてはいまだ完全には解明されていないのですが、有力な説としては大量の汗をかくことでミネラルが不足して電解質のバランスが崩れること、激しい疲労によって筋肉のセンサーがうまく働かなくなることの2つがあります。

スポンサーリンク

つまり見方を変えれば足がつりやすい人とは、体内のミネラルや疲労回復に効果のある栄養素が不足しがちな食生活を送っている人であるということです。
ということは、それらの栄養素を積極的に補給することで足がつるのを予防できるということになります。
発汗によって失われがちなミネラルとしては、マグネシウムやカルシウム、カリウムなどがあります。
一方、筋肉の疲労回復に効果のある栄養素としてはビタミンB1やビタミンE、アミノ酸の一種であるタウリンなどがあります。
さらにクエン酸には疲れの原因物質としてよく知られている乳酸の生成を抑える働きがあります。
また、運動時には水分補給が大事なことは言うまでもありませんが、水をたくさん飲むと体内の塩分が薄まってナトリウム不足になることがあります。
そのため塩分もしっかり補給する必要があります。

スポンサーリンク