足がつる 原因 肝臓

足がつる原因、肝臓は関係あるの?

スポンサーリンク

夜中に寝ている時に急に足がつって痛くて目を覚ますという現象は多くの人が経験しています。
一番大きな要因は筋肉の疲労によるものです。
若い十代などの学生などは部活での筋肉の酷使による場合がほとんどです。
しかし、それ以外でも足がつる原因は様々にあります。
まずは、単純に栄養不足によるものです。
ナトリウムなどの電解質の不足がそのような筋肉の緊張を引き起こす場合があるのです。
水分不足も影響する場合が多いので、運動した時はこれらの要因が複数に重なって起こると考えられます。
運動して疲れてもいないし、それほど栄養不足で無いのに足がつりやすい場合は、体自体が歪んでしまって血行が悪いケースが考えられます。
整形外科などで調べてもらいのが良いでしょう。

スポンサーリンク

今まで述べた度の内容にも当てはまらないのに足がつる状態が続く場合は何かしらの病気の場合があります。
血行が良くないことからは動脈硬化なども考えられます。
また、東洋医学では肝臓と筋肉には密接なつながりがあると考えられており、足がつる原因は肝臓が何かしらの異常をきたしている場合があります。
気になる人は、お医者さんで肝臓が何かしらの病気などになっていないか調べてみるのも良いです。
そういう意味では足がつることは病気のサインと言う意味で、悪いことばかりではないのかもしれません。
いずれにしても、自分自身でできることは、栄養バランスと水分補給に気をつけることと、疲れた時にきちんと体を休めることが大切だということです。

スポンサーリンク