足がつる 病気 子供

子どもが足がつるのって病気のサイン?

スポンサーリンク

この時期においては、熱中症が毎日のニュースで報道されており、亡くなってしまうケースもあります。
熱中症は、身体の塩分と水分が不足してしまい起こる病気の総称です。
それに伴い身体のある部分がつったりする事もあります。
足がつるのは、経験した事のある人もいると考えますが、やはり身体において何らかの異常のサインです。
この症状の原因は、筋肉疲労や血行不良もありますが、時には重大な病気のサインであるとも言われています。
一般的には「こむら返り」といわれているつる症状は、健康な人においても起こりますので心配はありません。
何らかの原因が無いにもかかわらず頻繁にこの症状がみられるのならば、病気が引き金になっている事もあります。

スポンサーリンク

また、成人だけではなく子供の場合においても「こむら返り」を起こす事もあります。
この場合には、病気のサインである事が大人とは逆に少なくなります。
子供の場合は、成長と関係があるとも言われています。
成長期には、足がつる症状が見られること多くがありますが、この症状の他に異常が見られない場合には、成長の一種として捕らえる事ができるため、心配する事はありません。
例えば、脱水や栄養、睡眠不足など思い当たる事項がある場合には、成長に伴う症状ではなく、前者が原因と考えられます。
対処法としては、不足しているビタミンやミネラルなど栄養面を考慮して、十分な睡眠をとることで足がつる症状を予防することが出来ますので、覚えておくと良いです。

スポンサーリンク