脳梗塞 前兆 足がつる

脳梗塞の前兆に足がつる?

スポンサーリンク

脳梗塞は脳内の毛細血管に血栓がつまり脳細胞に酸素が運ばれずに細胞が壊死してしまう病気です。
壊死してしまった細胞は二度と回復することはなく、その細胞がつかさどっている体の機能に麻痺がおこることがあります。
この症状が大きな脳内の血管で起きると半身不随などの重篤な症状が発生します。
このような状態になる前に血管内の血栓を防止し、前兆が自覚されたなら最善の処置を施さなくてはなりません。
脳梗塞の前兆は、足や手などのしびれ、視野の狭窄、ろれつが回らなくなることや、体に突然力が入らなくなる。
また持っていたものをボロッと落してしまう、足がつる等さまざまな症状が出てきます。
これらの症状は一過性のもので数分から数時間で解消してしまいます。

スポンサーリンク

この様な症状が短時間で解消してしまうためさほど関心もなく、生活をしてしまいがちになってしまいます。
ほとんどの人がその症状があったことも忘れてしまいます。
またさほど大きな事態でもないためほおってしまいがちになってしまいます。
片方の足がつるということも起こりますが足がつるのは日常茶飯事ですので何の心配もなくその場をやり過ごすことになってしまうでしょう。
脳梗塞の前兆は主に片方の体の組織に現れます。
もしこのようなことが少しでもおこったら、血栓が毛細血管に詰まっていないかと考え、すぐに医療機関で検査をしてもらってください。
ほんの少しのつまりでもMRIやCTで診察が可能になっています。
脳内の障害は最小の被害にとどめることが大切になってきます。

スポンサーリンク