夜 足がつる 原因

夜足がつる原因とは何?

スポンサーリンク

夜寝ている時に足がつって、目が覚めてしまうという経験を持つ人は多いです。
激しい痛みを足に感じて、その後しばらく眠れないこともあります。
そこで夜寝ている時に、足がつる原因について説明します。
そもそも足がつる症状と言うのは足の筋肉が、強い痛みとともに収縮し痙攣して起こるもので原因には様々なことが考えられます。
大きく分けて血行不良と、筋肉の疲労などが挙げられています。
血行不良は冷えによるものが原因となる場合が多く、ミネラルやビタミン、タウリンなどの栄養素が不足していることも大きな原因となる場合があります。
特にミネラルバランスの崩れは夏場に脱水症状などを、起こしやすくなり筋肉の異常興奮状態である痙攣を起こしやすくしてしまいます。

スポンサーリンク

そして筋肉の、疲労による場合もあります。
足の筋肉量が減少していたりすると、痙攣を起こしやすい原因となります。
足の筋肉にはポンプのような働きがあり、伸縮することで血液を循環させる体にとってとても大切な働きがあります。
しかし運動不足などによって筋肉量が低下した状態となっていると、仕事や家庭での作業、そして外出などの日常生活で筋肉疲労が蓄積しやすくなってしまいます。
さらに足がつるのは体の病気などが、隠れている場合もあります。
足の血管に動脈硬化が症状として現れると、血流量の低下が見られます。
このようなマイナスな条件がいくつか重なることで、足がつってしまうことにつながります。
つってしまった筋肉をゆっくりと伸ばすことで、痛みは解消されますが慢性化させない為には運動や、食生活の改善などの予防策を検討することが大切です。

スポンサーリンク