足 つる 予防 スポーツ

スポーツで足がつるのを予防したい!

スポンサーリンク

我が国のスポーツの普及は、高度経済成長期に、学生を中心とした世代から始まりました。
しかし、時代が進むにつれまして、だんだんと中高年の世代にも広がりを見せて、今ではあらゆる世代が楽しんでいます。
このように広がりを見せたスポーツですが、この夏の時期になりますと、足が痙攣してつる現象が多発するようになります。
この現象は、一般的に冬の寒い時期に起こり易いと捉えられていますが、意外に夏の時期に起こり易いのです。
もちろん、外気温が寒ければ、それだけ血流量が低下しますので、痙攣は起こり易くなります。
しかしそれ以上に夏は、発生しやすくなる条件が揃っているのです。
その条件のなかでも最大の物が、何と言っても汗をかくことです。

スポンサーリンク

汗と言うのは、運動を行う上でとても大切な役割を果たしています。
人間の身体は、恒温動物であるために、ある一定の体温を保つ必要があります。
しかし、運動をすると体内のエネルギーを燃焼させますし、夏は外気温も高いために、放熱を行う必要があるのです。
この点において、汗は主役クラスの役割を担っているのです。
さてこの汗の成分は、やはり水分が最も多くなるのですが、塩分やミネラル類も含まれています。
塩分やミネラル類は、実は筋肉の活動を行う上で、欠かすことの出来ない成分なのです。
このため、汗を大量に流した時には、こうした成分が一緒に失われて、結果として足がつり易くなるわけです。
したがって、夏にスポーツを行う時には、塩分やミネラル分の補給を行うと、足がつる予防に繋がります。

スポンサーリンク

スポーツで足がつるのを予防したい!関連ページ

ランニングで足、指がつった時どうすればいいのか?