足 つる 予防 ストレッチ

足がつる予防におすすめのストレッチとは

スポンサーリンク

寝ている時や立っている時に、急に足がつることがありますが、これは、筋肉の収縮に異常が起きてなります。
中高年の人は、運動量も減りますし、年齢的に筋肉量も減り、基礎代謝も低下しますので、血行不良になり、つりやすくなるのです。
また、スポーツなどで大量に汗をかくと、電解質のバランスが崩れ、筋肉に過度の負担がかかることでも、つることがあります。
寝ていて、ふくらはぎがつった時は、膝を伸ばして足のつま先を上に立てて、ふくらはぎの筋肉をゆっくりと伸ばします。
痛みが消えるまではじっとして、痛みが治まったら、蒸しタオルなどで温めると筋肉の回復が早まり、再発を予防することができます。
冷えて固まった筋肉を温めることが効果的なのです。

スポンサーリンク

冷えが原因で足の筋肉がつる時は、温めるのが効果的ですが、ほかにも予防に効果があるのは、ストレッチやマッサージなどがあります。
ふくらはぎや太ももを、ゆっくりとストレッチするのですが、決して、勢いよく強くしないでください。
ゆっくりと徐々に負荷をかけていき、次第に負荷を強くして、しっかり筋肉を伸ばしてリラックスするのを繰り返します。
ストレッチは運動の前後に行うと、筋肉の疲れを取りやすくしてくれますし、寝る前に行うと、寝ている間の筋肉の緊張や痙攣を抑えることが出来ます。
また、ストレッチと合わせて、ふくらはぎを揉みほぐすようなマッサージやツボ押しなども効果的です。
寝る前のひと時、呼吸を落ち着かせながら、これらのやり方で筋肉を伸ばし、疲れを取ることが、つることを予防してくれます。

スポンサーリンク