足がつる 対策 食べ物

足がつるのを対策できる食べ物は

スポンサーリンク

全身を使う運動を長時間行うと、体に必要な水分が不足しがちになったり筋肉疲労が起こることによって、足のふくらはぎの筋肉が収縮してしまい足がつる状態になってしまいます。
足がつってしまう場合の対策として水分補給をこまめに行う事や、カルシウム、マグネシウム、カリウムなどミネラル成分が体から不足してしまう事も足がつる原因になるため、カルシウムが豊富に含まれる小魚や乳製品が含まれる食べ物をとるように心がける必要があります。
カリウムが多く含まれているバナナは調理をしなくてもそのまま簡単に食べることが出来る食べ物のため、普段から毎朝食べるように習慣付けることで足がつる症状の予防対策としても多くの方に注目されています。

スポンサーリンク

急激な運動をすることによってふくらはぎの筋肉が収縮することにより、スポーツを行った後に足がつりやすくなってしまいます。
また夜間寝ている時に足がつってしまうのは、体の血行不良が原因になっており、夏場に寝苦しいからといってエアコンをつけっぱなしにして睡眠をとると、筋肉が冷気で冷えてしまう事で血行が悪くなります。
血流の低下を招いてしまうと運動をした後と同じように筋肉が収縮してしまうので、足をつりやすくなります。
これは普段しっかり運動をしているという方でも起こりうる症状なので、睡眠時は体を冷やさないように、エアコンはタイマーセットをしたりタオルケットはきちんとかけるなど対策をとることで回避することが出来ます。

スポンサーリンク