足がつる 原因 酒

足がつる原因に酒は関係する?

スポンサーリンク

足がつる原因の一つに、お酒やアルコールがあります。
それは、足がつるという症状の原因の一つに「脱水症状」に陥ると引き起こされるからです。
体から水分が足りなくなると、筋肉が痙攣を起こしやすくなってしまいます。
アルコールは脱水症状を引き起こすとされているため、一緒に十分な水分補給が必要になります。
しかし、アルコールを十分飲んでいるので水分を飲まない人も多く、この様な症状に陥りやすくなっているのです。
また寝る前にアルコールやお酒などを飲むと、睡眠中に脱水症状がおこり足がつったり、こむら返りなどの症状が起きやすくなってしまいます。
ですから、酒などのアルコール類を飲む際は水分と一緒に、睡眠前には飲まないようにしなければなりません。

スポンサーリンク

また脱水症状が起きていなくても足がつる時もあります。
それは、血流を悪くする場合があるからです。
アルコールは元々血流を良くする作用があります。
しかし、熱燗などの温かい酒などは問題ありませんが、キンキン冷えたビールを何杯も飲むことにより血流が悪くなります。
そのことにより、足がつる状態になる人も多いです。
体の冷えは、足のつりをもたらすことになるので、冷えたアルコール類を飲むときは白湯などを合間に入れて飲んでおくと予防することが出来ます。
また、足がつるという症状は糖尿病や脳震盪などの病気が隠れている場合があります。
頻繁にこの様な症状が起こされる場合、病院などの専門医院で精密検査などを受けることをおすすめします。

スポンサーリンク