夜 足がつる 病気

夜が足がつる病気って?

スポンサーリンク

睡眠中に足がつるといった症状がある場合には、背後に病気が関わっていることもあります。
例えば、糖尿病や脳の病気、ヘルニアなどが関係していることが考えられるのです。
従って、元々、このような持病を持っている方は特に夜、足がつることが増えてきたら体調のチェックが改めて必要になります。
特に病気が関わっていない場合には、筋肉疲労や水分の不足などが原因としては考えられます。
特に夏場は、寝ている間にも熱中症などの症状が起こることがあるため、水分の摂取には気を配っておく必要があるのです。
体内のミネラルバランスが崩れることで、こういった足がつるという症状が現われてきます。
他の症状が見られない場合にも、早めの対処が必要です。

スポンサーリンク

足がつる場合には、足の血液の流れが悪くなっていることが多いです。
こういった症状があると、特に中高年世代では血栓が出来やすくなります。
足などの末端部に出来ている血栓が例えば脳や心臓に飛ぶと、脳梗塞や心筋梗塞といった重大な病気にかかる可能性が高くなるのです。
ですので年齢によっては、夜に足がつる症状を精密検査を受ける一つのきっかけとして捉えてみることも、大切なことと言えます。
血液は、水分が不足すると粘度が高くなる傾向があります。
従って、血栓性の病気を予防するためにも、年間を通して水分補給は心して行う必要が出てくるのです。
就寝前に適度な水分を摂取することで、血液の粘度が高まるのを防げる可能性ががあります。

スポンサーリンク